2006年07月25日

フィルムコミックゲド戦記 2 (2)


フィルムコミックゲド戦記 2

フィルムコミックゲド戦記 2 (2)

徳間書店 刊
発売日 2006-08
価格:¥590(税込)


続きを読む
posted by フーミン at 15:22| 新着おすすめ ゲド戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィルムコミックゲド戦記 1 (1)

フィルムコミックゲド戦記 1

フィルムコミックゲド戦記 1 (1)

徳間書店 刊
発売日 2006-07-29
価格:¥590(税込)


続きを読む
posted by フーミン at 15:20| 新着おすすめ ゲド戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲド戦記 CARD COLLECTION

ゲド戦記 CARD COLLECTION

ゲド戦記 CARD COLLECTION

日本テレビ出版部 刊
発売日 2006-07-29
価格:¥900(税込)


続きを読む
posted by フーミン at 15:19| 新着おすすめ ゲド戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲド戦記

ゲド戦記

ゲド戦記

小学館 刊
発売日 2006-07-29
価格:¥950(税込)


続きを読む
posted by フーミン at 15:19| 新着おすすめ ゲド戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エレクトーン 2006年 08月号 [雑誌]

エレクトーン 2006年 08月号

エレクトーン 2006年 08月号 [雑誌]エレクトーン 2006年 08月号 [雑誌]

ヤマハミュージックメディア 刊
発売日 2006-07-20
価格:¥630(税込)


続きを読む
posted by フーミン at 15:18| 新着おすすめ ゲド戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Invitation (インビテーション) 2006年 08月号 [雑誌]




Invitation (インビテーション) 2006年 08月号


Invitation (インビテーション) 2006年 08月号 [雑誌]Invitation (インビテーション) 2006年 08月号 [雑誌]

ぴあ 刊
発売日 2006-07-10
価格:¥680(税込)


続きを読む
posted by フーミン at 15:17| 新着おすすめ ゲド戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲド戦記の秘密―アースシーの歩き方 |アースシー調査隊

ゲド戦記の秘密―アースシーの歩き方

ゲド戦記の秘密―アースシーの歩き方ゲド戦記の秘密―アースシーの歩き方
アースシー調査隊
ぶんか社 刊
発売日 2006-07
価格:¥998(税込)


続きを読む
posted by フーミン at 15:15| 新着おすすめ ゲド戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕たちの好きなゲド戦記

僕たちの好きなゲド戦記

僕たちの好きなゲド戦記僕たちの好きなゲド戦記

宝島社 刊
発売日 2006-07
価格:¥1,000(税込)


続きを読む
posted by フーミン at 15:09| 新着おすすめ ゲド戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピアノ&コーラスミニアルバム 『ゲド戦記』 挿入歌 テルーの

ピアノ&コーラスミニアルバム
ゲド戦記挿入歌
テルーの唄

ピアノ&コーラスミニアルバム 『ゲド戦記』 挿入歌 テルーのピアノ&コーラスミニアルバム
『ゲド戦記』 挿入歌 テルーの唄


ヤマハミュージックメディア 刊
発売日 2006-06-12
価格:¥630(税込)


続きを読む
posted by フーミン at 15:07| 新着おすすめ ゲド戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲド戦記 4 帰還 |アーシュラ・K. ル・グウィン

ゲド戦記 4 帰還

ゲド戦記 4 帰還ゲド戦記 4 帰還
アーシュラ・K. ル・グウィン
岩波書店 刊
発売日 2006-05-11
価格:¥1,260(税込)
オススメ度:★★★★★




現実と繋がってくるアースシーの世界


ゲド戦記三部作と
言われていたシリーズに16年ぶりに続いた第四部。



この間の現実世界の変化、そしておそらくは
ル・グウィンの中での変化が作品にも現れたのであろうか。

アースシーの世界の均衡のほころびと乱れは
第三部でも描かれていたが、
この作品では魔法を捨て普通の女となったテナーの視点を
通してアースシーの現実をまざまざと突きつけられた。

アースシーは憧れの魔法世界としてではなく、
人間の生きる世界として、生活感の溢れた世界として描かれている。
そして、もはやかつての大賢人ゲドはそこにはいない。・・・・
続きを読む
posted by フーミン at 15:05| 新着おすすめ ゲド戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。